« リンゴ飴 | トップページ | 返信先鬼神童子は大好きな作品でした。心 »

2018年5月16日 (水)

キャリアから格安SIMMVNOに乗り換えるデメリットとは?

大手キャリアと格安SIMMVNOって何が違うの?

大手通信キャリアドコモなどと格安SIMの違いは何でしょうか?

一番の違いは、料金プランです。月5000円以上も値段に開きがあります。
毎月のスマホ代を大幅に節約できる点が最大のメリットとなります。

肝心の通信エリアですが、ドコモ回線を利用した格安SIMなら、ドコモエリア。
au回線を利用した格安SIMなら、auエリアで利用可能です。

また、人気のiPhoneもほとんどのバージョンで利用可能です。
格安SIMってデメリットもあるの?

毎月のスマホ料金が安く出来て、通信エリアも大手キャリアと同じ。
さらに人気のiPhoneも使うことが出来る格安SIMですが、
デメリットもあります。
デメリットその1キャリアメールが使えなくなる

大手通信キャリアから格安SIMへ移った際に困るのが、
キャリアメールが使えなくなることです。

格安SIM独自のメールアドレスもありますが、
今はEメール、テキストメール、LINE等に移行することで、
このデメリットは回避できます。

格安SIMへ移行する前にメールの設定、LINEの設定などを
済ませておくと安心です。
デメリットその2通話料が割高になる場合がある

格安SIMでは、大手通信キャリアの通話定額カケホーダイのような
が用意されていません。

そのため、通話が多い方だと格安SIMへ移行することで、逆に通話料が
高くなってしまい、割高になる可能性があります。
デメリットその3トラブル発生時にはサポートが受けにくい

大手キャリアでは、全国にショップがありますので、
トラブル発生時には手厚いサポートが受けられます。
しかし、格安SIMの場合、そもそもショップが少ないこと、ほとんどネットでの
対応になることから、トラブル発生時に手厚いサポートが受けられない場合が
あります。
まとめ格安SIMへの乗り換え前に利用環境に合っているか確認が必要!

格安SIMへ乗り換えるだけで、毎月のスマホ代金が月5000円以上も安くなります。
また、人気の端末もそのまま使うことが出来ますので、ほとんど今と同じ状況で
使い続けることが出来ます。

しかし、利用環境によっては逆に割高になってしまう場合がありますので、
乗り換える前に事前の調査は必須です。

ぜひ参考にしてみてください。

« リンゴ飴 | トップページ | 返信先鬼神童子は大好きな作品でした。心 »